入試?入學案內

4月入學のご案內

在校生の聲を紹介します。

保育技術を學ぶ充実した環境。 A?Kさん(2020年4月入學)

私が保育の學びで楽しいと思うことは、保育方法?技術演習です。1年生の時に軍手人形や風船シアターなどの保育教材を製作し、作った教材をクラスみんなの前で発表することで子どもたちの前に立つ自信がつきました。また、小麥粉粘土やスライム作りなど、子どもたちと一緒に作る活動方法の學びは、実習先や就職した現場で大いに役立つ保育技術だと思います。

ピアノへの不安が解消されました。 Y?Hさん(2020年4月入學)

保育の道を目指すうえで一番の不安はピアノでした。私は初心者だったので、小グループに分かれたマンツーマンの個別指導や、たくさんのピアノがあり、いつでも練習できる環境が自分に合っていると思い草苑を選びました。また、男子學生も多く、男女の仲が良く楽しい學校生活を送っています。將來は子どもの笑顔を自然に引き出せるような保育者を目指して日々頑張っています。

保育の園蕓を通じて子どもたちに「食育」を伝えたい。 S?Sさん(2016年4月入學)

私は高校を選択する時に、農業か保育の學校で迷っていました。高校では農業の勉強をしていたのですが、草苑で園蕓の授業を行っていることを知り、自分の知識を保育の場で活かしたいと思い、進學を決めました。
実際に園蕓の授業を受けてみて、學校で學んだことが保育の現場で草花に觸れる活動や、栽培した野菜を食べる食育活動などに繋がっていることを知ることができました。
就職後は、子どもたちに活動の楽しさを伝えながら、自分の力も磨いていきたいです。