資格?就職

教員免許狀更新

募集要項

 平成19年6月に「教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律」が公布され、平成21年4月から教員免許更新制が導入されました。
 この制度は、教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能の習得を図り、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社會の尊敬と信頼を得ることを目的とした制度です。
 これにより、平成21年3月31日までに授與された教員免許狀は、修了確認期限(有効期限)満了の2年2ヶ月から2か月前までの2年間に、30時間以上の教員免許狀更新講習を受講?修了し、免許管理者に申請が必要になりました。

※2021年5月に実施を予定していた教員免許狀更新講習は、緊急事態宣言の延長等を鑑み、「中止」とさせていただきます。受講申込を検討されていた方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。すでにお申込いただいた方には、中止についてのご案內を書面にてお送りいたします。なお、8月?12月の講座については現時點では実施予定ですが、今後の狀況次第では中止となる場合もございます。その場合は當サイトにてご連絡いたします。

1. 受講対象者

教員免許狀更新講習の受講対象者は、教育職員免許法および教育職員免許法施行規則に定められており、以下の者で、下記のAまたはBに該當する方です。

  1. 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
  2. 実習助手、寄宿舎指導員、學校栄養職員、養護職員
  3. 教育長、指導主事、社會教育主事、その他教育委員會において學校教育又は社會教育に関する指導等を行う者
  4. 3.に準ずる者として免許管理者が定める者
  5. 文部科學大臣が指定した専修學校の高等課程の教員
  6. 上記に掲げる者のほか、文部科學大臣が別に定める者
  7. 教員採用內定者
  8. 教育委員會や學校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
  9. 過去に教員として勤務した経験のある者
  10. 認定こども園で勤務する保育士
  11. 認可保育所で勤務する保育士
  12. 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務する保育士
  • ※自身が受講対象者に該當するかどうかについては、各自の責任において文部科學省のホームページまたは管轄する免許管理者(教育委員會)等でご確認ください。お問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。また、文部科學省から、教員免許狀の有効期間(または修了確認期限)や更新期間の確認が行えるツールが配布されています。こちらをご確認ください。

<今年度の受講対象者>

今年度の更新講習は、次の方々を対象としています。

A.舊免許狀所有者(平成21年3月31日までに教員免許狀を授與された方)で以下の(1)~(3)のいずれかに該當する方

(1)修了確認期限が令和4年3月31日又は令和5年3月31日の方 ※下記表參照

生年月日 修了確認期限 受講期間
昭和31年4月2日~昭和32年4月1日 令和4年3月31日 令和2年2月1日~令和4年1月31日
昭和41年4月2日~昭和42年4月1日
昭和51年4月2日~昭和52年4月1日
昭和32年4月2日~昭和33年4月1日 令和5年3月31日 令和3年2月1日~令和5年1月31日
昭和42年4月2日~昭和43年4月1日
昭和52年4月2日~昭和53年4月1日

(2)修了確認期限を延期された方で、講習日が修了確認期限の2年2ヶ月前から2ヶ月前の期限內にある方

(3)修了確認期限までに更新申請しなかった方で、上記1~12に該當する方

B.新免許狀所有者(平成21年4月1日以降に初めて教員免許狀を授與された方)で以下の(1)または(2)に該當する方

(1)講習日が免許狀に記載されている有効期限満了日の日の2年2ヶ月前から2ヶ月前の期間內にある方

(2)有効期限の満了の日までに有効期間の更新申請を行わなかったため、免許狀が失効した者で、免許狀授與のための所有資格を満たしている方
※平成21年4月1日以降に新たに教員免許狀を取得していても、平成21年3月31日以前に取得した舊免許狀を取得している場合は、「舊免許狀」として交付されています。

  • ※1:受講対象者等の教員免許更新に関する詳細は、文部科學省のページをご覧ください。
  • ※2:修了確認期限の確認はこちらのページでできます。お問い合わせにはお答え致しかねますのでご了承ください。

2. 申込方法と受付期間

免許狀更新講習の申込方法は、申込書3點(申込様式Ⅰ①、②、申込様式Ⅱ)に必要事項をご記入の上、原本を本校までご郵送下さい。電話やFAX、メールによるお申込はできません。郵送のみとなります。受付期間は本校に申込書が到著した期間を指します。受付期間より前または後に到著した申込書は受け付けられません。
受付期間は、開講時期(5月開講、8月開講、12月開講)により異なりますのでご確認下さい。
申込受付は先著順とし、受付期間中であっても定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。なお、受付期間中に定員を超えた場合は、その日に到著した申込書から抽選で受講生を選び、抽選にもれた方はキャンセル待ちとなることをご了承ください。

新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、文部科學省や東京都の指示など、今後の狀況によっては、延期?中止等を行う場合がありますので、ご了承ください。その際は、本ホームページにて発表致します。

申込方法と受付期間

① 該當期間の申込書をホームページに掲載
5月開講 8月開講 12月開講
4月5日(月) 6月7日(月) 10月11日(月)
② 申込書仮登録受付期間(郵送のみ)※
5月開講 8月開講 12月開講
4月16日(金)~5月7日(金)

※本校卒業生:
4月9日(金)~4月15日(木)
7月1日(木)~7月16日(金)

※本校卒業生:
6月24日(木)~6月30日(水)
11月4日(木)~11月19日(金)

※本校卒業生:
10月26日(火)~11月3日(水)
③ 仮登録通知書を発送
受付後、1週間~10日前後で発送
④ 受講料振込期限
振込指定日までに振込み
⑤ 受講証の送付(本登録)
受講料振込み確認後受講証を送付
⑥ 講習の受講
受講日
  • ※仮登録(登録內容)について公平を期すため、上表の②申込書仮登録受付期間以前に本校に屆いた申込書については無効にさせていただき申込書を破棄させていただきますので、ご注意ください。また、本校持參など郵送以外の申込み受付はお斷りいたします。

詳細は受講の流れをご確認下さい。

3. 受講料

必修科目 1講習(6時間) 7,000円
選択必修科目 1講習(6時間) 7,000円
選択科目 1講習(6時間) 7,000円

上記は講習科目別の受講料です。修了のためには必修科目1講習(6時間)?選択必修科目1講習(6時間)?選択科目3講習(18時間)の受講が必要となり、受講料は合計35,000円になります。支払い時には振込手數料が必要となります。教科書、教材を使用する場合は別途実費を徴収いたします。
なお、免許狀更新講習の受講料は、必修領域は「必修科目」、選択必修領域は「選択必修科目」、選択領域は「選択科目」としてのみ使用できます。いずれも、他の領域への振替はできません。

4. 講習時間

開始前に當日の流れなど必要な説明を行うオリエンテーションがありますので、それまでに受講受付を済ませてください。定められた時間數の受講が必要となるため、遅刻?欠席?早退?一時退室は原則認めませんのであらかじめご注意ください。遅刻?欠席?早退?一時退室をした場合には、履修認定を行いません。なお、公共交通機関の遅延による遅刻の場合は15分までは受講を認める場合があります。あらかじめご連絡の上、お越しください。
1限90分の講習を、1日4限まで行います。講習終了後にアンケートへのご記入をお願いしています。

                          
受付開始 08:30~
オリエンテーション 08:55~09:00
1限目 09:00~10:30
2限目 10:40~12:10
晝休み 12:10~13:10
3限目 13:10~14:40
4限目 14:50~16:20
4時限目內で講習の他、修了認定試験および受講者アンケートを実施
注)講習內容によっては終了時間を延長する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

5. 講習中止及び講習の事前連絡について

天災や事故、講師の急病等により講習が中止になる場合があります。事前に中止が判明した場合は、本校のホームページにてお知らせいたしますので、各自でご確認下さい。

6. 受講キャンセルについて

自己都合により受講をキャンセルする場合は、本校へご連絡下さい。
期間內のキャンセルの場合は、各講座の受講料(返金手數料1,000円を除く)を返金いたします。期間を過ぎた場合は、返金できません。ご予約後のキャンセルは、ほかの受講者の方に迷惑がかかるため、止むを得ない場合以外はキャンセルをしないようにお願い致します。また、受講當日のキャンセルについては、納入された各講習の受講料の返金はいたしません。

キャンセルによる返金可能期間

5月開講
連絡期限 返金額
令和3年4月19日(月)~4月30日(金) 各講座の受講料(返金手數料1,000円を除く)
8月開講
連絡期限 返金額
令和3年7月1日(木)~7月30日(金) 各講座の受講料(返金手數料1,000円を除く)
12月開講
連絡期限 返金額
令和3年11月4日(木)~11月30日(火) 各講座の受講料(返金手數料1,000円を除く)

7. 校內利用について

  1. 貴重品の管理は各自でお願いします。
  2. 他の受講生への迷惑となる行為、講習の妨げとなるような行為があった場合、受講をお斷りすることがあります。
  3. 施設及び講習における寫真撮影?録音?録畫等の行為は固くお斷りします。
  4. 飲食は受講教室?カフェテリアが利用できます。近隣の飲食店の利用も可能ですが、講習は時間厳守ですのでご注意ください。
  5. 本校施設內(校內も含む)は全面禁煙です。
  6. 空調の溫冷感には個人差がありますので、調整できる服裝でお越しください。
  7. 受講の際の座席は講座によって変わるため、當日ご確認ください。

8. 講習會場

草苑保育専門學校(豊島區目白3-17-11):JR目白駅下車徒歩3分
車での來校はご遠慮下さい。自転車をご利用の場合は、當日受付にお申し出下さい。

詳しくは アクセスマップをご覧下さい。

9. 講習の合否結果及び履修?修了証明書について

所定の時間數を受講し、講習內で実施される修了認定試験の成績が一定の到達目標に達した方に、「免許狀更新講習(修了)証明書」または「免許狀更新講習(履修)証明書」を発行し、送付します。
発送時期の目安
5月開講の講習?6月下旬頃
8月開講の講習?9月下旬頃
12月開講の講習?1月中旬頃

10. 個人情報の取扱いについて

免許狀更新講習で得た個人情報は、講習実施のため及び免許管理者(都道府県教育委員會)からの照會があった場合にのみ使用し、他の目的での使用や第三者へ提供することはありません。

受講の流れ

① 申込書?事前アンケートの送付(受講者→本校)
下記申込書記入要項で記入について確認して、「申込様式Ⅰ①」「申込様式Ⅰ②」に必要事項を記入してください。「申込様式Ⅰ①」には寫真を貼付し、「申込様式Ⅰ②」に受講対象者である証明を取得してください。各様式は下記よりA4サイズで印刷してご記入ください。
受付期間を確認し、「申込様式Ⅰ①」「申込様式Ⅰ②」「申込様式Ⅱ」の3點を草苑保育専門學校に郵送してください。
長3封筒を使用し、「教員免許狀更新講習受講申込書在中」と朱書きしてください。
※郵送する前に、各様式の記入および捺印もれがないか確認をしてください。不備がある場合は受付ができません。
※本校卒業生も下記用紙をダウンロードして申し込んでください。

提出書類(2021年12月開講分) 以下をダウンロード?印刷してご利用ください。


郵送先 〒171-0031 東京都豊島區目白3-17-11
草苑保育専門學校 免許狀更新講習係
② 「仮登録通知書」の送付(本校→受講者)
先著順にて受付し、受付が済んだ方から「仮登録通知書」を送付します。
お申込頂いた科目が定員に達したら受付を締め切り、仮登録を終了いたします。この場合は定員を超えた日に到著した申込書より抽選にて決定します。仮登録ができなかった場合はキャンセル待ちのご案內を送付します。なお、キャンセル待ちの人數?順番についてのお問い合わせにはお答えいたしかねますのでご了承ください。
受付開始直後は仮登録通知書の発送に一週間ほど要しますので、予めご了承下さい。
③ 受講料の振込(受講者→本校)
「仮登録通知書」の內容と振込期限を確認し、所定の振込口座にお振込み下さい。
期限を過ぎても振込の確認ができない場合、受講の意思がないとみなし、仮登録を取り消します。
④ 「受講証」の送付(本校→受講者)
入金を確認し、入金振込期限後に「本登録通知書」を送付します。同封の受講証明書は本人確認に使用しますので、受講當日は必ずご持參下さい。受講証明書の記載內容に変更が生じた場合、紛失した場合は本校までご連絡下さい。
⑤ 講習の受講?修了認定試験(受講者)
受付は午前8時30分から開始します。受付前に會場へ入ることはできませんのでご承知おきください。
⑥ 修了認定 証明書の発行(本校→受講者)
所定の時間數を受講し、講習內で実施される修了認定試験の成績が一定の到達目標に達した方に、「免許狀更新講習(修了)証明書」または「免許狀更新講習(履修)証明書」を発行し、送付します。
発送時期の目安
5月開講の講習?6月下旬頃
8月開講の講習?9月下旬頃
12月開講の講習?1月中旬頃
証明書の再発行には、手數料として600円と本人確認書類が必要となります。本校までお問い合わせください。
⑦ 更新手続き 都道府県教育委員會へ申請(受講者)
各都道府県教育委員會の申請手順により、各自で更新手続きを行います。 教育委員會での手続きを行わない限り、免許更新は完了しませんのでご注意下さい。
※現職の方は教諭としてお勤めの學校、園がある都道府県教育委員會へ、現職でない方は住所地の都道府県教育委員會へ、受講者ご自身で申請を行います。

開講科目

開講日程

5月開講

開講日 開講科目 受付期間
19日(水) 【必修】
子ども理解
2021年5月に実施を予定していた教員免許狀更新講習は、緊急事態宣言の延長等を鑑み、「中止」とさせていただきます。受講申込を検討されていた方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。すでにお申込いただいた方には、中止についてのご案內を書面にてお送りいたします。なお、8月?12月の講座については現時點では実施予定ですが、今後の狀況次第では中止となる場合もございます。その場合は當サイトにてご連絡いたします。
20日(木) 【選択】
園蕓
21日(金) 【選択】
子どもの健康と安全
22日(土) 【選択】
特別支援教育?保育
23日(日) 【選択必修】
特別支援教育?保育における保護者対応と支援
  • ※仮登録(登録予約)の公平を期すため、受付期間以前に本校に屆いた申請書については無効とさせていただき、書類を破棄させていただきますので、ご注意ください。また、本校持參など郵送以外の方法による受付はお斷りいたします。

8月開講

開講日 開講科目 受付期間
18日(水) 【選択】
園蕓
7月1日(木)
~7月16日(金)

本校卒業生:
6月24日(木)
~6月30日(水)
申し込み開始日に本校到著分より受付をします。
19日(木) 【選択】
保育現場における人間関係の解決策と今後の課題
20日(金) 【必修】
保育者論(學び合う保育者)
21日(土) 【選択】
特別支援教育?保育
22日(日) 【選択必修】
特別支援教育?保育における保護者対応と支援
  • ※仮登録(登録予約)の公平を期すため、受付期間以前に本校に屆いた申請書については無効とさせていただき、書類を破棄させていただきますので、ご注意ください。また、本校持參など郵送以外の方法による受付はお斷りいたします。
  • ※新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、文部科學省や東京都の指示など、今後の狀況によっては、延期?中止等を行う場合がありますので、ご了承ください。その際は、本ホームページにて発表致します。

12月開講

開講日 開講科目 受付期間
23日(木) 【必修】
教育関係法規
11月4日(木)
~11月19日(金)

本校卒業生:
10月26日(火)
~11月3日(水)
申し込み開始日に本校到著分より受付をします。
24日(金) 【選択】
園蕓
25日(土) 【選択】
特別支援教育?保育
26日(日) 【選択必修】
特別支援教育?保育における保護者対応と支援
27日(月) 【選択】
保護者?支援者における子育て支援
  • ※仮登録(登録予約)の公平を期すため、受付期間以前に本校に屆いた申請書については無効とさせていただき、書類を破棄させていただきますので、ご注意ください。また、本校持參など郵送以外の方法による受付はお斷りいたします。
  • ※新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、文部科學省や東京都の指示など、今後の狀況によっては、延期?中止等を行う場合がありますので、ご了承ください。その際は、本ホームページにて発表致します。

講習科目の內容

●必修:3科目

必修子ども理解
講師:德田多佳子
子ども理解は保育施設における保育?教育等、あらゆる営みの基本となるものである。子どもの発達と學びを共感的に捉え、子どもを理解することの意義を確認する。各自のこれまでの保育を振り返り、より質の高い教育を考えるために、現行(2017年告示)の「幼稚園教育要領」の內容を読みながら、幼稚園教育の基本についてあらためて學び具體的な事例についても考える。併せて世界の教育動向についてもふれる。
必修保育者論(學び合う保育者)
講師:鯛谷和代
世界の教育の動向。教育の基本?原點を再考し、教員としての使命や教育愛について語り合う。同時にチーム園の一員としてのあり方、園と地域との連攜及び安全への対応、カリキュラムマネジメントの実施など、確認していく。そして、近年の幼児教育が抱える現代的課題について現狀を知り、その背景にある社會の変化を理解し、生活習慣の変化を踏まえた指導、教員が果たすべき役割や求められる専門性について考えを深めていく。
必修教育関係法規
講師:江川栄一
教育職員免許法の改正に伴い、平成31(2019)年度から教職課程が新しくなり科目も一新されました。
本講習では、國の教育政策の変化とその背景にある子ども観?教育観を省察します。また子どもの発達に関する最新の知見、子どもの生活の変化を踏まえた課題や特別支援教育に関する新たな課題、加えて社會から教員に向けての期待(例えばカウンセリングマインドの必要性)を踏まえて、今後の教育のあるべき姿を模索します。
さらにコロナ禍を経験した社會的?経済的環境の変化を踏まえて、ICT教育やキャリア教育の導入について先進國としてのオーストラリアを取り上げて紹介し、日本での推進に向け問題提起します。

●選択必修:1科目

選択必修特別支援教育?保育における保護者対応と支援
講師:橋場隆
近年、増加傾向にあると思われる発達障がいを中心とする、いわゆる発達的課題を持つ子どもたちへの教育および保育を推進するにあたって、その保護者との対応は、ともすると微妙な難しさを余儀なくされることがある。日々の支援教育?保育において、保護者と擔當者(教師?保育士、他)の足並みや信頼関係を構築していくために必要な視點や配慮點を取り上げ、今後の支援に役立つ內容として提供するものである。

●選択:5科目

選択園蕓
講師:高浜真理子
環境問題が大きく取り上げられる中で、土にふれ、命の神秘に自ら向き合った経験がなければ自然を守る方法を考えていく事はできない。自然環境の理解を深める上でも身近な植物の果たす役割は大きく、また食べ物としての植物を生き物としてとらえる事で、育てる喜びを知る事は食に対する興味を深める為にも大事な事である。食物を栽培する上での基本を學び、園蕓を通して自然を慈しむ心を育てていく為に、児童幼児向けの園蕓を教える為の基礎的要素を身につける事を目標とする。
選択子どもの健康と安全
講師:梅﨑あき
幼稚園教諭へ向けた研修で関心度の高い『感染癥対策』『アレルギー対応』『安全対策』について、個々の知識だけに留めず組織として取り組めるよう、実踐に繋げることができる內容としている。また、病気や障がいをもった子どもへの対応についても相談が多いが、それらを學ぶ機會は少ない。急速に進歩する小児醫療に対し、その後の受け皿として機能できるよう病気や障がいの概要と対応の基本について學ぶ。
選択特別支援教育?保育
講師:橋場隆
近年、増加傾向にあると思われる発達障がいを中心とする、いわゆる発達的課題を持つ子どもたちへの教育および保育のあるべき方向性を探るべく、學習の機會を共有したいと考える。発達的特徴とそれぞれに合わせた指導?対処スキルを主たる內容とするものである。例えば、ASDやADHDの特性を抱える子どもたちに対して、その障がいゆえの認知的な特徴を踏まえた効果的な指導の方法、ならびに生活から學習の範囲における対応の工夫まで応用的な事例を取り入れながら提供したいと考える。
選択保育現場における人間関係の解決策と今後の課題
講師:氏家博子
保育現場における人間関係で困っている內容をアンケートで取り、それに基づいて講義、ディスカッション(ワールドカフェ)を行い、講義の中には、アンガーマネジメント等を取り入れて、現場で役に立つ內容にする。
選択保育者?支援者における子育て支援
講師:小玉絹江
保護者の悩みとして多く挙がるのが子育てに関することであり、多くの保育者?支援者のかたが「保護者と信頼関係を築くことが難しい」と悩んでいることが伺えます。
講習會では、ワークショップ形式でソーシャルスキル(自己理解?他者理解?協調の3ステップ)と、子育て支援に生かしたい「セルフコーチング」を學ぶこととします。

Q&A